公認会計士と税理士って何が違うの?両者の業務内容や立場の違い

みなさん公認会計士と税理士の違いってわかりますか?両方とも名前だけは知っているけど何をやっている職業なのかはっきりとはわからない、という方がほとんではないでしょうか。

これらの業務内容や立場の違いをチェックしていきたいと思います。

電卓を使い資料を整理する公認会計士

公認会計士と税理士の業務内容の違い

いづれも会計や財務に関わる仕事である、という点では非常に近い関係にあります。しかし、両者にはそれぞれの独占業務があり、その領域で一線を画しています。

公認会計士の主たる業務内容は、監査業務です。会社が作成した財務書類から粉飾決算が行われていないか第三者の厳しい目でチェックします。

対して、税理士の主な業務内容は税務代理や税務書類の作成・税務相談です。個人事業主や法人の確定申告などの納税に関する相談を受けたり、一連の作業を引き受けて書類を作成したり代理で税務申告をしたりしています。

どちらもそれぞれの独占業務ではありますが、公認会計士は一定の要件を満たすと税理士登録をすることができ、兼税理士として経験を積んだことがある場合は税務関連の業務もできるようになります。

援用・横浜市にある公認会計士の専門学校 https://cpa-net.jp/

公認会計士と税理士ではどちらが上?

結論から言うと、公認会計士の方が上です。税理士登録すれば税務業務ができるようになるのもそうですし、何より三大国家資格の内に含まれるほど公認会計士試験の難易度が高いことも、そのレベルの高さを表していると言えるでしょう。

また、業務の中で扱う金額のケタが違います。投資家からの信頼を得るために各会社の会計の監査をすることが公認会計士の仕事となるので、対象企業が大規模です。

1千万円くらいは問題にならないと言われるほどのケタ違いの仕事をしているのです。

これから公認会計士を目指す方へ

難関と言われている公認会計士試験ですが、これだけ大きな仕事ができるのなら夢がありますね。税理士登録すれば税理士の仕事もできてしまうので、税理士を目指すよりも幅広い業務ができることでしょう。

是非ご自身のキャリアプランに役立ててみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ