公認会計士になるための筆記試験

公認会計士になるためには「資格試験」が必要となります。これから目指したいという方はまずは筆記試験の準備をしていただくことになるでしょう。

今回は、公認会計士の筆記試験という部分に焦点をあてて見ていきたいと思います。

資料をスッキリさせることができて満足げな公認会計士

受験資格などについて

受験資格についてですが、年齢や学歴などは一切関係ありません。ですから、どなたでも受験をしていただくことは出来るでしょう。

ただし、難易度としては高めとなっていますので事前勉強期間などはしっかりとしていただくこととなるでしょう。

筆記試験の内容について

筆記試験は「第一段階」のものとなります。試験の内容についてですが、マークシート形式で行われる「短答式」と呼ばれるものと、記述形式の「論文式」というものになります。

なお、前者の短答式試験に合格できた人だけが、後日行われる論文式の試験を受験することが出来るのです。ですから先ずは短答式の合格を目指していただくこととなります。

筆記試験の知識内容について

幅広い会計の知識が求められます。必ず受験しなくてはならないものは「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」の4科目となっており、このほかには「経営学」「経済学」「民法」「統計学」のいずれかから1科目を選択し受験をしていただくこととなるでしょう。

合格率について

上記の筆記試験内容と合格率ですが、毎年の平均を出すと10%以下という厳しいものとなっています。ですから対策を行ったうえで受験をするのがやはりベストといえるでしょう。

自分の理想を目指して

公認会計士になるためには難関を突破していただかなくてはならないものの、その先には理想の自分が待っていることでしょう。

準備を整えることによって合格できる可能性は充分にあるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ